自転車

フランスといえば自転車、と連想する日本人は多い。
Tour de Franceなどの影響か、
東京では、メッセンジャーが猛スピードで渋滞を縫い駆けていくような、
またはオシャレ男子が軽々と抱え上げながら自宅のアパートに戻っていくような、
いわゆるああゆう細身の、タイヤに溝の無い軽量化自転車が
確かに日常的に乗られているのは、パリではよくある光景です。

しかし、オランダほど日常に密着はしていないと断言します。
オランダはすごいです。
あの穏やかなオランダ人たちが、いざ自転車に乗るとたちまち形相が変化。
歩道脇の自転車レーンは、アムステルダムでは恐怖のうちのひとつ。
子どもを乗せた自転車さえ、運転手の母親は振動なんて一切気にせず
ものすごい速さで走ります。ベルの鳴らす回数もすごい。

いわゆる日本で言うママチャリの形もフランスは乗られており、
vélo hollandais(オランダ式自転車)と呼んでいるのですが、
昔の郵便局の自転車みたいでかわいらしいです。
しかし、パリ及びフランスの主要都市では最近、
レンタル自転車velibを推奨しているので、それもよく見かけるのですが
なんたってフォルムがダサい。
安さと、どこでも返せる便利さが売りですが、このvelibの普及が
せっかくの数少ない良いところ、
フランスの自転車工業デザインの素晴らしさを
台無しにしていると言っても過言ではないと思います。

さて、何を言いたいかと言うと、私はもっぱら札幌でも東京でも
交通機関はなるべく使わず、徒歩か自転車で行動していたので、
ここパリでも自転車を使用していました。
渡仏早々購入した中古の自転車は、石畳の擦れであえなく半年で御臨終。
その後、意を決して新品の折りたたみ自転車を120€で購入したものの、
わずか3週間であっけなく盗まれました。

なのでここ最近はずっと徒歩生活。
パリ市内は東京で言うと山手線内の広さなので、
じつはそんなに面積は無いのです。
半径1時間といったところでしょうか。
不可能ではないけど、歩くとけっこう辛い距離。

私の職場まで片道30分、語学学校まで片道1時間。
疲れているときは地下鉄を使っていたのですが、
つい1ヶ月ほど前、うっかり手元に切符が無い時に、
地下鉄検察官の抜打ち検査があり、罰金50€取られてしまいました。
日本のように入る時も出るときも改札をくぐるようなシステムではないので、
気を緩めて切符を捨てていた自分を深く反省。

この罰金も、
「あんた回数券の使ってないモノ持ってるから、半額の25€でいいよ」
とおばさんは言ってくれたのに、手持ち金が23€しか無かったため、
「じゃああとで電話してカードで払って」と。
電話での口頭カード支払いなんて、なんかインターネット支払いよりも
とっても信頼できないんですけど、そんな不安をよそに、
まあなんとか支払いは済みました。
何度も何度も番号を確認するヘンな外国人だと思われたでしょう。

とゆうわけで、私だって疲れていなければ、
なにも好んであんなホームレスのおしっこ臭い地下鉄なんて
乗りたくもないわ!と怒りに満ちあふれ、
やはり再び自転車を買おうではないか!と奮闘することにしました。

なぜ奮闘かとゆうと、はっきり言ってフランスの自転車、高いのです。
日本の倍はすると言っても大袈裟ではありません。
初代の擦り切れた中古は、帰国する日本人に譲ってもらったものだし、
新品の120€は、奇跡のような値段を偶然見つけたのです。
まあだから買ったんだけど。

自転車好きの友人に教えてもらった、le bon coinという、
自転車のみならずいろんなモノや、果ては賃貸物件まで
お互い個人の責任で売り買いするインターネットサイトで、
前途のいわゆるオシャレ自転車を探してみると、
なかなか良いものもちらほら。

その中で値段も手頃な80€の細身自転車の所有者へ、
掲載されていた電話番号にかけてみました。
この国では個人情報保護法なんてものは存在しませんよ。

ものすごい江戸っ子風のおじさんが出て、何言ってるかぜんぜんわかんない。
フランス在住1年半、最近思うのは、はじめて話す相手はかなり集中しないと
聞き取れないのです。
その人の話す癖や特徴を瞬時に把握しないと、たちまちチンプンカンプン。
しかも電話だったので難易度高し。
でもまあなんとかそのおじさんが住む地域へ出向き、おじさん及び自転車と面会。

うーん、やはりサイトの写真ではわかりにくかった、状態がけっこう古い。
紹介文には良好って書いてたのに…。
古いのはいいんだけど、壊れて使えなかったら嫌だなと思い、もちろん試乗。
さっそくチェーンがはずれる。ダメだこりゃ。
色やフォルムは素敵なんだけど、残念。
おじさんは「君だけとコンタクト取ってるんだぞ」と強調してくれましたが、
こんな目の前で壊れてくれちゃあね、ごめんね。

じつは私、ヤフーオークションとかも経験したことがないので
見ず知らずの人のものを肉眼を通さず購入する、とゆうのが
とってもとっても苦手なんだと、今回はじめて気づきました。
まあ今回はちゃんとチェックできたからいいけど。

でもこのサイトを使わないと、確実に安い自転車は手に入らないので、
根気づよく何度もトライして、良い自転車を見つけてみせます!
もう地下鉄で捕まりたくないもん!

写真は中国、ウイグル地区の果て、カシュガルにて。
a0054625_9154427.jpg

[PR]
by uncoblicco | 2012-05-16 09:15 | パリの日々


世界中の自然の音や日常の音を録音して廻り、チェロの音と合わせた作品を作ってたのは過去の話。うんこ記録も終了。現在アフリカ目指してパリ在住。


by uncoblicco

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

パリの日々
音について
本日のうんこ
EU旅行
2005
2006
2007

ライフログ


Bitches Brew


津軽


日々ごはん〈1〉


テルミン演奏のすべて ~クララ・ロックモア&リディア・カヴィナ~


タッチ Original Song 1


麦ふみクーツェ


ベンゴ


既にそこにあるもの

フォロー中のブログ

映画ストラット
ツレツレクサ。 in L...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
旅行家・冒険家

画像一覧