原点に帰る

そろそろうちのライブ活動記も
カウントダウンできそうなくらいの数です。

5/7 高円寺円盤
今回はめずらしくベースの服部君がいなくて
ヴァイオリン、チェロ、トランペット、サックス、トロンボーン、
パーカッションの6名。
必然的にうちがベースっぽい担当になってしまいました。
向いてない。
チェロの低音はベースほど響かないし、
それよりももっと根本的な、下で支えるとゆう位置がとても、
自分的には具合が悪い。
まあほんとはできなきゃいけないんだろうけど。
かろうじて、直前になってパーカッションの竹川君に
できるだけリズムを出す打ち方をしてもらうように促したりして
リズムの基盤を固めようと模索してみましたが、
そんな悪あがきも虚しく、とても不安定な演奏だったと思います。
なので、最近のライブの中ではすごく消化不良でした。
まあそれがおもしろかったのではないかと思ったりもしたけど。
「昔のjoseに戻ったみたい」と嘆いている人もいました。
joseの原点とは、まだうちがメンバーに入る前の状態。
うちは、うちが入ってからjoseは変わった、と自負しているくらいですから。

ホーンのアンサンブルは、練習してないね、って感じで
ヒトゴトながらバラバラでおもしろかったです。
管の音色を揃えるのって、やっぱり難しいことなんだろうか?
joseの弦同士で弾いている時は、まあ一応はみんな意識しているとしても
そこまで合わないってことは無かったように思うけど。
正確には、3人のうちの約1名が合ってないだけなんだけど。
音って、性格出るなー。つーか、そのままだなー。

竹川君は最近、血便が出るそうです。
しかも、痛くないんだそうです。
痛くないのに血が出るってゆう感覚を想像すると、
ほんとうに久々にぞっとしました。
お尻のあたりが鳥肌立つような、下痢を我慢する時の感覚に近い。
最近の刺激の無い日常にスパイスを与えてくれてありがとう。
[PR]
by uncoblicco | 2007-05-14 22:08 | 2007


世界中の自然の音や日常の音を録音して廻り、チェロの音と合わせた作品を作ってたのは過去の話。うんこ記録も終了。現在アフリカ目指してパリ在住。


by uncoblicco

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

パリの日々
音について
本日のうんこ
EU旅行
2005
2006
2007

ライフログ


Bitches Brew


津軽


日々ごはん〈1〉


テルミン演奏のすべて ~クララ・ロックモア&リディア・カヴィナ~


タッチ Original Song 1


麦ふみクーツェ


ベンゴ


既にそこにあるもの

フォロー中のブログ

映画ストラット
ツレツレクサ。 in L...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
旅行家・冒険家

画像一覧