<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

荻窪

近所でライヴがあるってのはいいモンですね。
歩いて行けるってのがいい。

今回も、NY在住のエンドウさんを加えた5人編成でした。
レコーディングの練習もあって、今回はかなりリハーサルをしたので、
なんだか妙によくできた演奏でした。
心配の種だった新曲とかもかなりスムーズ。

そしてうちは今回、またショックを受けてしまいました。
まだちゃんと聴いたことの無かった、ミムラキョウコちゃんのライヴが、
ものすごかったのです。
あんなモンチッチみたいなかわいい顔してんのに、あの音楽は一体何?
どうやらうちは、ものすごいライヴを目の当たりにすると、
ものすごくショックを受けるようです。
こうゆうの、嫉妬って言うんだろうか?
とにかく、歌声も、選んでる言葉も、ギターの響きも、頭の良さも、
すべてが羨ましかった。
絶対自分にはあんな事出来ないと思いました。

あの音楽のすごさを説明したいんだけれども、
なんかすべて陳腐に聞こえそうで出来ないのが悔しい。
けどがんばって挙げると、
声と詩とギターの一体感が尋常じゃないんですよ。
あれは何じゃろな?何であそこまで一体になれるんだろう?
これができる歌手って、世の中にほんとに少ないと思うんですけど。
ってあんまよく知らないけどさ、J-POP。
でもこれができると、ほんとに”自分の音楽”ってゆう説得力があって、
感心せざるをえない。
あの若さでそれができるなんて、ちょっとおかしいよホント。
っつーかいろんな意味で、今の自分を知り尽くしてないと
出来ない技だなと思った。

そしてその一体になってるサマをナマで目の当たりにしてしまうと、
驚くべきナチュラルさとか、音楽に没頭してる姿に、モーレツに泣けてくるのです。
悔しいと思うのはおそらく、うちが”こうありたい”と思っている理想を
目の前でやられてしまっているからでしょう。しかも思う存分に。まさに完敗。
今日は不覚にも、本当に涙を流しそうになりました。

やはりミムラキョウコちゃんは、極度に頭の良い人だと思いました。
うちのバンドのリーダーもけっこうイイ線行ってるけど。
ミムラちゃんは自分では「フォークのようなアンチ・フォーク音楽」と宣言していて、
聴いてるとやっぱり、イルカや加藤登紀子や中島みゆきを思わせます。
でもそれは音楽の調だったり、女の歌声とギターってゆう編成の
”女性フォーク”のイメージってだけであって、
心から「こりゃ彼女の歌だな」って思わせるのってやっぱ、
オツムの賢さが伴わなければ成せない偉業だと思います。
よく自分のセンスを磨いている証拠です。

改めて、うちが今目指してる、こうありたいと思うことって、
自分の伝えたいこと、やりたいことを、
その人の「最善の手段」で(ココが最も重要!)
いやらしくなく、ごく自然に(ココも重要!)表現することが出来るとゆうこと。
こうゆうところに頭使ってる人が好きだなあ。
どうせ努力するなら、こうゆうところに全力を注ぎたいもんだ。

a0054625_254837.gif

[PR]
by uncoblicco | 2006-06-27 02:54 | 2006

早稲田

そういえば、6/10はライヴでした。
早稲田大学の真向かいにあるカフェ(?)で。
今回は、普段のヴァイオリン、チェロ、コントラバス、シンセサイザー
に加えて、ゲストでもうひとりヴァイオリンが加わっての5人で。

ゲストさんはエンドウさんといって、NY(ニューヨーク)在住の人です。
この人、最初見たとき、びっくりしました。
自分が学生の時組んでた、飲み会余興バンド「ジプシーズ」の相方、
ヴァイオリンの「ゆ」に、顔も声も、ヴァイオリンの弾き方までそっくりなのです。
「ゆ」も当時ニューヨークとか行ってたので、そんなとこまで似てます。
現在は山梨で弦楽器職人をしてるはずなのに。

エンドウさんは若いのにもうニューヨーク歴6年らしく、
現在は現代音楽専門のチェンバーオケとかの活動をしてるみたいです。
まさにニューヨークっぽい発言。

とにかく今回は5人になったので、いつもの曲に若干変化が見られ、
それはそれでたのしかったです。
だんだんこのバンドに馴染んできてしまっている自分が怖い。

今月はあと一回、26日に荻窪であります。
この間の大阪ライヴで少しだけ仲良くなった
ミムラキョウコさんとゆう人も出るのでたのしみ。
ミムラさんは頭が良い音楽を作っています。

来月はなんと4回もライヴがあるので、考えただけでもう忙しい。
そして再来月は、高知ライヴが決まったので、また国内旅行だ!
どさくさにまぎれて、瀬戸内海の直島にも行こう。
讃岐うどんも喰いたい。

あと、もしかしたら念願のスティールパンとの共演が
実現するかもしれないので、それが今いちばんたのしみです。
a0054625_044027.jpg

[PR]
by uncoblicco | 2006-06-14 00:44 | 2006


世界中の自然の音や日常の音を録音して廻り、チェロの音と合わせた作品を作ってたのは過去の話。うんこ記録も終了。現在アフリカ目指してパリ在住。


by uncoblicco

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

パリの日々
音について
本日のうんこ
EU旅行
2005
2006
2007

ライフログ


Bitches Brew


津軽


日々ごはん〈1〉


テルミン演奏のすべて ~クララ・ロックモア&リディア・カヴィナ~


タッチ Original Song 1


麦ふみクーツェ


ベンゴ


既にそこにあるもの

フォロー中のブログ

映画ストラット
ツレツレクサ。 in L...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
旅行家・冒険家

画像一覧